※本日(2019/11/17)のブログの更新通知(LINE)、ミスで2回送信されてしまいました。申し訳ございません



00
0000

⇒詳しい登場人物紹介は
こちら 


000



前回の記事は こちら☆ ↓ 



仕切りライン


骨川先生は「上から」モノを言うのが大好きだった。

139

     

こんな風に「~~してあげた」とか、


138

     

「社会人として云々」と言って
上から目線の評価
してくることはしょっちゅう。


(実際、骨川先生が上の立場ではあるけどさぁ…ブツブツ(=З=))


……だけど、源さんには気を遣ってそういう
風には言えない。

自分と年齢が近くて(アラフォー)気の強い剛田さんにも言いづらいようで…


140


ねむこもねむこで、そんな骨川先生がわかっていたし、

これ以上誰かに(剛田さん以外に)嫌われたくなかったので、



141


骨川先生が喜ぶ返答をしていた


つーか、骨川節に同調しなければ

「ボクの言っていることがわからないなら、やっぱりねむこさんはまだまだだ」

とか言われるだけだったし…
142


今にして思えば、

骨川先生は

ふがいない部下(ねむこ)のために、アドバイスして「あげる」自分はいい上司だ

とおそらく本気で思っていたのがタチが悪かったなぁ。。。




つづく



仕切りライン


本日も読んでくれてありがと~!
愚痴愚痴でごめんよ~

よかったら、癒されスイーツ記事も読んでくり♪
 ↓ ↓ ↓



↓ ブログランキング参加中 押して~ん

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


↓ ご希望の方はクリック☆
読者登録PNG


↓ Twitterでも更新情報確認できるよ。




スポンサーリンク