【1段】ねむこのみ ②

※くわしくは 【 登場人物紹介 】 &
【 作者紹介記事 】をみてね!


62

↑ ねむこが勤めていた
パワハラサビ残etcの
ラック職場を描いた
シリーズ漫画

…の途中ですが、
本日も別内容の記事デス ♪


仕切りライン


1
2
3
4


夫とねむこは、
夫実家からもねむこ実家からも、ケッコー離れた場所に住んでいます。

なので、夫婦揃ってお互いの親に会いに行くのは年に2回くらい。
(※ねむこ単独で実家に帰ることはある)

たった年2回なんだけど

お義母さん
(お義父さんは他界)とも、自分の両親とも会いたいんだけど

ねむこにとっては、この「夫婦揃って」ってのがクセモノ。


夫婦揃っての帰省は、どちらの親も、本当に喜んで歓迎してくれる。

でも、夫がいると、ねむこはなんか息苦しい。


なぜかっちゅ~と


お義母さん&両親ともに

昭和20年代生まれ、

価値観が古い、

そして、夫(男性)といるとそれが顕著に表れるから。


※まぁ簡単に言えば「夫(男性)優位」的な価値観っス。


ねむこの両親は夫に気を遣いまくるし、ねむこに「夫をたてる」よう圧をかけてくる。
(↑ たぶん無意識)


お義母さんも「昭和的良き嫁」をねむこに期待しているのがわかる。
(↑ たぶん無意識)



……そうはいっても、価値観が古いのはどうにもならないよね。
(´・ω・`)


そもそも、ねむこの価値観だって、他者には倦厭されるものかもしれないし、少なくとも、時代が進めば、古いと言われる時が来るだろうし。

うん。


















あ~~!(゚Д゚)

でもどうにかなんね~もんかなぁぁ!
(゚Д゚)



仕切りライン


本日も読んでくれてありがと~!

いつもにも増して愚痴愚痴でごめんよ!

年末年始差し迫るこの時期、同じような気持ちの人もきっといるだろうなと思って、思い切ってブログに書いてみたよ!


※「昭和20年代生まれ」「価値観古い」と書いたけど、それはウチの親たちのことであって、その年代の方々みんな「価値観が古い」と言っている訳ではないよ!念のため!



↓ ほかの夫婦記事もどうぞ~♪



↓ ブログランキング参加中。押して~ん

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


↓ ご希望の方はクリック☆
読者登録PNG


↓ Twitterでも更新情報確認できるよ。




スポンサーリンク